廃棄場所

 

豊島は香川県小豆郡土庄町に属し、豊かな自然に恵まれた文字どおり「豊かな島」でした。
ところが、1965年頃から土地を所有する業者によって水ヶ浦の土砂が大量に採られるようになりました。業者はこの跡地に有害産業廃棄物処分場を計画、住民たちが猛反対、香川県庁にデモ行進しました。「木屑、食品汚泥など無害な産廃を利用してミミズの養殖をする」と矛先をかわした業者に、香川県が1978年に事業許可を出しました。
業者は、さらに産廃の不法処理を始めます。香川県は住民たちには業者は金属回収業を行っていると説明する一方で業者には古物商の届出をするよう勧め、豊島が「ゴミの島」になるきっかけとなりました。フェリー転用のゴミ船を玄関口の家浦港に接岸し、産廃物を陸揚げ、産廃満載のダンプカーが我がもの顔に豊島を走りました。現場では野焼きが連日行われ、児童らにぜんそくなどの健康被害が相次ぎました。

「廃棄物対策豊島住民会議」の再発足、 住民が一丸となった闘い

豊島の心を100万県民に

 

1990年11月、兵庫県警が業者を摘発、「ミミズの養殖を騙った産廃の不法投棄」が容疑でした。住民たちは事件を受けて直ちに「廃棄物対策豊島住民会議」を再発足させました。1977年、有害廃棄物処分場に反対した時以来のことでした。広大な処分地には、廃油、製紙汚泥、シュレッダーダスト、ラガーロープなどの産廃が野積みにされて山をなしていました。住民たちは島を挙げて,県の責任を認めさせ原状回復を求める国の公害調停を申請しました。裁判に代わって公害紛争の早期解決を求める制度です。香川県庁前での150日間にわたる抗議の立ちっ放しを皮切りに、考えうる限りの闘いを繰り広げました。産廃を提げて東京銀座への抗議のキャラバン、理解と支援を求めての香川県内100ヶ所座談会など、中坊公平弁護団長の指揮のもと小さな島には苛酷とも思える「草の根の闘い」でもありました。発端から2000年の公害調停の最終合意まで25年間を要すことになりました。

苦難の道のり、2000年6月6日調停成立と処理開始

調停成立

 

2000年6月6日、公害調停で知事が謝罪し、原状回復の合意が成立します。37回目の調停でした。「勝ったで」「約束守ったで」という住民の声と涙が苛酷な豊島の闘いを物語っていました。「自分たちのことは自分たちで」という住民の闘いぶりは「草の根の民主主義」とも評価され、世論の共感を生みました。事件の発端から公害調停成立の2000年までに住民の重ねた島の寄り合いや会合は6千回を超えました。会議の翌日には東京での調停や抗議行動、記者会見などが常態化、「よくぞ闘ったもの」と住民たちは語ります。
調停成立後は長く苦しい道のりを乗り越え、豊島に「美しい瀬戸内海の自然と調和する姿」が戻るよう、住民と行政が「共創」の理念に基づいて行動することを決めました。
2000年から公費による原状回復の作業が続いています。一日300トン、西隣の直島に船で運んで溶融処理するものです。2012年度末までの処理量は全体の6割の56万トン、廃棄物と汚染土壌の総量が93万8千トンであったことが判明し、処理完了も3年半ずれ込んで2016年10月になると見られています。日本で初の大規模な原状回復と言う試みは困難を極めながら続いています。